極東ロマンスOfficial WebSite

NEWS

<大切なお知らせ>ベースの柳山ユウトが脱退させていただくこととなりました。

OTHER

<大切なお知らせ>

ファンのみなさまへ

いつも極東ロマンスを応援していただきありがとうございます。
2021年1月31日をもちまして、ベースの柳山ユウトが脱退させていただくこととなりました。
突然の残念なお知らせとなってしまい、誠に申し訳ございません。
2019年3月より約2年間という在籍期間ではございましたが、みなさまからの温かいご声援をいただき、改めて深く感謝申し上げます。

柳山ユウト脱退後も、極東ロマンスは引き続き活動を行なってまいります。
今後もファンのみなさまの変わらぬご声援のほどよろしくお願い申し上げます。


極東ロマンス
Shindy、琢磨、Yo-1、柳山ユウト、Tetsufumi

株式会社 ユークリッド・エージェンシー

_____________________


元々色んなジャンルから集まったメンバーなので、音楽性や方向性はそれぞれ違っていて、今回の話を聞いた時はシンプルにミュージシャンとしての人生観や価値観の違いと理解しました。
ユウトが悩んでいた事も知っていたので、とても残念なことではありますが、このような形となってしまうことを受け入れました。
バンドメンバーではなくなってしまいますが、今までと変わらない古い友人でいます。

これから別々のフィールドで別々の道を歩む事になりますが、琢磨さん、Yo-1さん、てっちゃんと極東ロマンスへ人生と情熱を捧げてゆきます。

そして更にパワーアップした生まれ変わった新たな極東ロマンスを応援して下さる皆さまへお届けします。

コロナ禍の大変な時代ですが、今後とも極東ロマンスへ熱い応援を頂けたら本当に幸せです。

よろしくお願いします!
(Shindy)


まずは突然の悲報ごめんなさい。

1月いっぱいでユウト君が脱退という事になりました。
気になると思うのではっきり言っておきますが、メンバー間でいざこざがあった訳でも何か問題が起こった訳でもありません。
ただただ、現在置かれている様々な環境の中での生き方の違い、ユウト君から今回の話を聞いた時に、本当にこれ以外思い浮かばなかったです。
音楽性の違い、でも無いです。
なので普通に仲は良いままで今度借りてた漫画を返す話もしてます。
これから一緒にやれないのは寂しいけどお互い己が道を、僕ら4人は引き続き極東ロマンスをカッコよくする為に奮闘して行きます。
ユウト君、約2年間…って言っても体感もっと短い感覚だけど、お疲れ様&ありがとう!
ここからは別方向だけど、お互い歩んで行きましょう。
(琢磨)


両手で数えられる程のワンマン公演数、ツアーも1回、バンド自体まだまだこれから、そしてユウトの持っているポテンシャルを考えるととても残念です。
ただ、メンバーの足並みが揃わないまま活動するのは、ファンの皆に対してもバンドにとっても良くないなと。これが報告を聞き話し合った場で思った率直な気持ちでした。
一度決めたら良くも悪くも折れない、それがユウトだって僕も知っていたし、勿論旧知の仲であるShindyもそれを知っていたからこそメンバーとして誘っているはず。
それがただ同じ方向に向かえなかった。
この5人でなくなってしまうのはとても残念ではあるのですが、僕らは僕ら自身の道を、ユウトはユウト自身の道を、歯を食いしばって歩んでいくべきだと思っています。
そんな僕らをこれからも変わらず応援して頂けると幸いです。
(Yo-1)


私、柳山ユウトは1月31日をもって極東ロマンスを脱退します。

いつも極東ロマンスを応援してくれているファンの皆様、
支えて頂いた関係者の皆様、このような発表となりまして本当に申し訳ありません。

脱退の理由は、これから先極東ロマンスを続けていくにあたり、
方向性や考え方にズレが生じてしまった事です。

これは、極東ロマンスの未来を自分なりに考えていく中で、時間をかけ悩んだ上での決断であり、決して衝動的な思いからではありません。

また、ベーシストとして納得のいく音楽人生を歩めているのかどうか、疑問を感じていた事も理由の一つです。

5人でのステージを楽しみに待っていてくれている皆さん。
本当にごめんなさい。

活動を始めて約二年という短い間ではありましたが、皆で試行錯誤して、皆で喜んで、皆で熱くなって。

メンバー、そしてファンの皆さんのおかげで最高の時間を過ごすことができました。

今まで本当にありがとうございました。

そしてこれからも極東ロマンスをよろしくお願いします。
(柳山ユウト)


極東ロマンスを応援してくれている皆さんに、寂しいお知らせをする形になり大変申し訳ありません。
バンドとは非常に微妙なバランスで色々な要素が複雑に絡み合ってやっと続いていくものですので、最終的にユウトさんが違う道を歩むという決断をした事は寂しいですが、僕はそれを尊重したいし応援したい気持ちが大きいというのが正直なところです。
別に喧嘩別れするわけでも絶縁するわけでもなし、音楽を続けていればどこかのステージで再会できると思っています。
もちろんプライベートではこれからも一緒に散歩やランニングに行きます。
思いつきや勢いでなく、思慮深いユウトさんが葛藤して導き出した結論ですから、僕は前向きに、明るく送り出すのみです。
また違うステージの上でブイブイとユウトさんらしいベースを鳴らしている姿を観れるのを楽しみにしています。
ただ、日頃応援して下さっているファンの皆さまに動揺と不安を与えてしまった点を重ねてお詫び申し上げたいと思います。
どうぞ今後とも歩みを止めず、寧ろさらに火が付いた極東ロマンスを見守って下さいますよう、よろしくお願い致します。
(Tetsufumi)


__________________________________